ダポキセチン服用時の挿入持続時間

ダポキセチンとは、脳内セロトニンの濃度を高める作用があり、ノルアドレナリンの過剰な分泌の抑制を促進し、交感神経の亢進を抑えることにより、早漏防止や射精の時間を延長する効果があります。
ダポキセチンを服用することで、挿入持続時間を3、4倍に延長し、短時間で最高血清中濃度に達した後すぐ排出されます。
ダポキセチン服用時には、性行為の1時間から3時間前に水と一緒に服用し、30mg錠の場合は24時間に1錠の用量で服用、最高用量は24時間で最大60mgまでです。
30mg錠は、成人の場合は2時間から4時間ほど効果が持続し、効果が出ない場合は60mgまで服用をします。
低用量から使用するようにし、一度服用したら次の服用まで24時間間隔を空けます。なお、空腹時もしくは食事と一緒に服用しても効果は同じです。
ダポキセチンを服用し忘れた場合、性交前であれば気付いたときにすぐ服用するか、次回分から服用するようにします。
ダポキセチンの副作用として、頭痛、目眩、目のかすみ、顔のほてり、疲労感など見られることがあります。
ダポキセチンは、女性の使用には適しておらず、腎臓疾患・肝臓疾患を持っている人、18歳未満の人は使用が禁止されています。