早漏の定義と亀頭粘膜を強化する方法

早漏とは1分以内に射精する状態のことですが、挿入時間の定義には諸説があります。
挿入直後に射精する状態、3分以内など、明確な定義は定まっていませんが、いずれもSEXに満足できない状態には変わりありません。
挿入時間が3分でも、男女が互いに満足できていれば問題ありませんが、実際には両者もしくは一方が不満を抱えていることが多いものです。
女性が求める挿入時間は10~20分とも言われており、3分で満足できる女性はほとんどいません。
もし満足だと答えてくれるなら、それは嘘かもしれません。
SEXは男性が射精すれば終わりなので、男性の射精までの時間で内容が決まると言ってもいいでしょう。

すぐに射精してしまう男性は、過敏性早漏だと考えられます。
過敏性早漏の定義とは、亀頭粘膜が敏感になることで短時間で射精してしまうことです。
亀頭粘膜はSEX経験が少ないと敏感であることが多いですが、マスターベーションをあまり行わない方、真性包茎または重度の仮性包茎の方なども敏感になりやすいです。
亀頭粘膜が弱くなっている方は、粘膜を強化していく対策が必要です。
マスターベーションを毎日行うことで亀頭強化する方法が効果的なので、1日1回を目安に続けてみましょう。
または早漏防止用のグッズや薬の使用も効果的なので、最初はグッズを試してみて効果がなかったら薬を使用しましょう。

早漏は原因を取り除かないと治ることはありません。
過敏性早漏の場合は、亀頭を皮膚化させる対策が効果的ですが、それが難しい場合はクリームやスプレーなどで亀頭を一時的に鈍感にするといいです。
また、治療薬を使用して脳の興奮を弱めることで解消する方法もあります。
色々な方法を試して、自分に合った方法を見つけていきましょう。