早漏を防止するマッサージ法

早漏とは、性行為のときにパートナーの女性が性的な満足をしないうちに男性が射精してしまうことをいいます。具体的には女性器に挿入後30秒間射精を我慢できない状態のことをいいます。
治療方法にはさまざまなものがあり、どのような方法が効果的なのかは個人によって異なります。
早漏を防止するためには、自分の射精のタイミングを知ることが重要となります。
早漏を防止する方法の中で簡単なのが、サプリメントを飲むことや陰茎に刺激を与えて射精をしそうになったら止めるということを何度も繰り返す行動療法です。個人で行う場合には長期的な治療方法ですが、改善する姿勢ということが大切です。
また、自宅でできるものとしてはマッサージなども効果的となります。早漏を防止するマッサージ法としては、入浴後丁寧にタオルで陰茎全体を水気を綺麗に拭き取り、一日10分ほど毎日マッサージをすることです。強い刺激を与えるのではなく、陰茎全体を揉み解します。
このようなマッサージ法で陰茎を刺激することによって刺激になれ、性行為を行うときに耐久性を増すことができるようになるのです。
マッサージ法やサプリメント、行動療法を行うことによって治すこともできます。また、早漏を予防するための薬もありますがこちらは日本では認可されていないため、個人で輸入することで手に入れることができますが購入する場合には注意が必要になります。そのほか、ストレスなどの要因で起こることもあるため心理的なケアも重要とされています。
射精が早いと言うことは男性の性的な自信を失わせ、パートナーの女性との関係も悪くなってしまう可能性もあります。しかし、女性と協力することによって克服して行くこともできるため男性だけの問題とは捉えずに二人で治療して行くことも大切です。